Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

青木茂氏の死去

 大動脈瘤破裂で青木茂さんが死去したニュースをパソコンを開いていた時見ました。93歳。私の母と同じ年で亡くなりました。
とても悔いが残ります。何年か前、青木さんの自宅へ行った時、いつか自立の会のみんなと集まろうと言われ、私がみんなに声を掛けてやります。と言ったのにそのままになっていました。
 自立の会とは20年位前に作られ、青木茂氏(元サラリーマン新党党首・参議院議員)が代表でした。
 「みんなであつまって人生を語り合おう、その中で自分に何か新しいものを持ち込もう。知識、趣味、人生観、何でもいい、その人の自由である。いい事、悪いことの区別がしっかりできる人間になろう,そして助け合って、夫々の生き方を実りあるものにしよう。」が趣旨の会でした。 当初150人位のいろんな職業の方々が参加していました。
 活動の中で、その都度セミナーがあり、青木先生と弁士、参加者が毎回のように激論を交わしていました。私は議論の内容が難しすぎて、話の中には入っていけず、ただ聞いていました。たまに名指しされても何も話せない私がいました。内容についていけない私はここにいるメンバーじゃないなと何度も辞めようとして、途中しばらく行きませんでした。
 会員の方よりメールを戴いたり、青木淑子さん(奥さん)から「いつもなしのつぶてでお仕事順調に言ってるのかしら?心配してます。あなたは会員でいてほしいと思い名簿には勝手に入れました。大きな苦労の波を何とかうまく乗り越えてほしいと願っています。」と励ましの便りを沢山いただいていたにもかかわらず、何の返事もしないでいました。
 でも2年くらいしてまた参加しました。自立の会は自分の履歴を話す会でもあります。
 いつも静かに話を聞いていて、飲んでいる時も静かに飲んでいる人が「私は小さいときから丁稚奉公に出され、学問も何もありません。ずーと怒られぱなしの人生でした。でも今はたくさんの孫に囲まれ、遊びに行ったり、散歩したりと幸せな毎日です。」と話していました。東大卒や学歴の高い人が多い会の中で、孫と幸せでいるしあわせを堂々と語っている姿は、人として素晴らしい人だなと思いました。そして隠し立てのない生き方を聞き、私の肩の荷が下ったことを覚えています。

 遠い存在であった青木氏も会の行事でバスの近くに座ったり、打ち上げの時に話す機会が多くなりました。自立の会のメンバーが減っていく中、青木氏は「これが本当のメンバーだよ。世の中にはこの会を利用することだけで来る人がたくさんいる。利用価値がなくなると平気でいなくなってしまうんだ。今いる人は心から信頼の寄せるメンバーだ」と言っていました。私は自立の会に戻ってきて良かったとその時思いました。
 青木茂さま、本当にありがとうございました。何もお返しすることが出来なく、奥さん共々いろんなことを教えていただきました。感謝のみが残ります。ご冥福を祈ってます。
                                                                      多分新年会の写真だと思います。
                   中央の人です。私は一番奥。
  • 2016.01.29 Friday
  • 13:24